• セルフスタディとは?
  • セルフスタディ5つのポイント
  • ギモンを解決!
  • 使い方の流れ
  • 動作環境

導入にあたってのギモンを解決!check!

Aボタンをクリックすれば解決!:対象学年や学習内容についてのギモン

セルフスタディの学習範囲を教えてください。

セルフスタディの学習範囲は、中学1〜3年の英語・数学および、小学算数です。

qa_img_kaiketsu.png

学習範囲の詳細はこちら!

高校生にも使えますか?

セルフスタディの学習範囲は、中学1〜3年の英語・数学の全範囲となっていますが、高校生も中学内容の復習として利用できます。

qa_img_kaiketsu.png

学習範囲の詳細はこちら!

小学校の算数の内容でつまずいている生徒に
対応する機能があると聞いたのですが?

小学算数の内容でつまずいている生徒には、「数学」の「学力診断テスト[0]」を選んでプリントし、テストを受けてもらってください。

採点した答案の結果を画面に入力すると、小学算数でのつまずきの原因がわかる、小学算数専用の「学習マップ」と「診断結果票」が表示され、苦手克服に最適なカリキュラムが自動作成されます。
専用のプリントで学習することで、効率よくつまずきを解消できます。

qa_img_kaiketsu.png

学力診断テストの詳細はこちら!

学習範囲の詳細はこちら!

勉強が苦手な生徒でも続けられるか、
問題のレベルや量が気になるのですが…?

大丈夫です。セルフスタディのプリントは、学習内容が十分に定着していない生徒に対し、知識をいかに定着させ理解させるか、また、学習意欲をいかに維持させるかをコンセプトに教材開発しています。最適な問題量&レベル調整で無理なく学習を進められます。

qa_img_kaiketsu.png

問題の量や難易度の詳細はこちら!

1セクションあたり、どのくらい学習時間がかかりますか?

目安として、新出内容の場合、数学は1セクション(2ページ)あたり20〜30分、英語は1セクション(4ページ)あたり30〜40分の学習時間を想定しています。カリキュラムの生成においては、プリント出力や得点入力、確認テストの時間などにも配慮して原則1時間で1セクションが完了するよう余裕をもたせております。生徒の習熟度に応じて調整してください。

qa_img_kaiketsu.png

 

教科書に準拠していますか?

準拠していません。とくに英語では、文法にしぼった学習を効率的に行えるうえ、より体系的に文法学習できるというメリットがあることから、勉強の苦手な生徒にとっては非準拠のほうがベターだと考えています。

qa_img_kaiketsu.png

 

このページのトップへ